胃内視鏡検査は、口から内視鏡を挿入し、食堂、胃、十二指腸まで隅なく観察す検査です。最近は口からでなく、鼻からも内視鏡を挿入して検査ができるようになりました(経鼻内視鏡)。一般に口からの場合に比べて、検査中の吐き気や喉の不快感が軽いと言われています。経鼻内視鏡をご希望の方は、お申し出下さい。


大腸内視鏡検査は、内視鏡を肛門から挿入し、大腸ポリープや癌の有無を観察する検査です。大腸ポリープのある方は、それを取り除く治療(ポリペクトミー)をする事もできます。検査にかかる時間は1時間位です。